なぜ更年期は太りやすいの? 更年期の肥満にどう対処する?

女性の更年期以降は、体重のコントロールが難しくなり、少しずつ太っていると感じる方が多く、以前は細身だった体型が、数年で「肩・体・太ったバケツウエスト」になってしまったのはなぜでしょうか?

なぜ更年期は肥満を引き起こすのですか?

  1. ホルモンの変化

閉経期のホルモンの変化により、女性は腹部の周りに脂肪が蓄積しやすくなります。

  1. 筋肉量が少ない

年齢を重ねるにつれて、通常、筋肉は減少し、脂肪は増加します。筋肉量が減ると新陳代謝が遅くなり、今までの食生活を続けて運動量を増やさないと太りやすくなります!

  1. 遺伝的要因

親または他の近親者が腹部肥満である場合、あなたも肥満である可能性があります。

  1. その他の要因

運動不足、不健康な食事、睡眠不足も更年期の体重増加につながります。十分な睡眠が取れないときは、より多くのスナックを食べる傾向があり、それがより多くのカロリーにつながります。

更年期の肥満のリスクは?

更年期の体重増加は危険です。特に腹部の肥満は、呼吸障害、心血管疾患、糖尿病など、多くの病気のリスクを高める可能性があります。

体重増加は、乳がん、結腸がん、子宮内膜がんなど、さまざまながんのリスクも高めます。

体のリセットを無視するのはやめましょう! 痩せるための行動をしましょう。

更年期の女性はどうやって痩せる?

更年期の肥満を避けるには?次の点を参照できます。

もっと運動します。有酸素運動や筋力トレーニングなどの身体活動は、余分な体重を減らし、健康的な体重を維持するのに役立ちます。

ほとんどの健康な成人の場合、専門家は週に少なくとも 150 分間の中強度の有酸素運動 (早歩きなど) または 75 分間の高強度の有酸素運動 (ジョギングなど) を推奨しています。
さらに、少なくとも週 2 回の筋力トレーニングをお勧めします。体重を減らしたい、または特定のフィットネス目標を達成したい場合は、さらに運動することもできます。

食べる量を減らす。体重を減らすどころか、現在の体重を維持するためには、30歳や40歳のときよりも50歳代の方が1日の摂取カロリーを約200kcal減らす必要があります。

栄養をむだにせずにカロリー摂取量を減らすには、食事に注意を払う必要があります。果物、野菜、全粒穀物、特に加工されておらず、繊維が多いものをたくさん選んでください。

一般に、植物ベースの食事は他の食事よりも健康的です。豆類、野菜、ナッツ、大豆、魚、低脂肪の乳製品はすべて良い選択です。赤身の肉や鶏肉の摂取を制限してください。バター、固形マーガリン、ショートニングの代わりにオリーブや植物油などの食用油を使用し、あらゆる種類のデザートは避けましょう。

ダイエット時の食事はどうすればいいのか?

アルコール消費を制限します。アルコール飲料はダイエットにカロリーを追加し、肥満のリスクを高めるので、控えてください〜

身体への長期不活動の影響

運動不足は、身体的な様々な変化を引き起こすことが知られています。長期間運動をしない場合、以下のような身体的変化が起こる可能性があります。

身体への一般的な影響

  1. 筋力の低下

筋肉は、使用しなければ萎縮してしまう性質があります。長期間運動をしない場合、筋肉は徐々に萎縮し、筋力が低下することがあります。これは、日常生活での活動量も減少することを意味し、健康上の問題を引き起こす可能性があります。

  1. 骨密度の低下

運動不足は、骨密度の低下を引き起こすことが知られています。骨密度が低下すると、骨折や骨粗鬆症のリスクが増加することがあります。また、運動不足によって筋力が低下すると、骨にかかる負荷が減少するため、骨密度の低下が進行することがあります。

  1. 代謝の低下

運動不足は、代謝の低下を引き起こすことがあります。代謝が低下すると、エネルギー消費量が減少し、体脂肪の蓄積が進行する可能性があります。これによって、肥満や生活習慣病のリスクが増加することがあります。

  1. 心肺機能の低下

運動不足は、心肺機能の低下を引き起こすことがあります。心肺機能が低下すると、身体に必要な酸素や栄養素を効率的に供給することができなくなり、疲れやすくなる可能性があります。また、心臓病や肺疾患などのリスクも増加することがあります。

  1. 精神的な影響

運動不足は、身体的な変化だけでなく、精神的な変化を引き起こすことがあります。運動は、ストレスを軽減する効果があるとされていますが、運動不足によってストレスが蓄積されると、不安やうつ病のリスクが増加することがあります。

性機能への影響

長期間の不活動は、性機能に影響を与える可能性があります。運動不足によって身体的な機能が低下することがあるため、これによって性機能に影響を及ぼす可能性があります。

具体的には、以下のような影響が考えられます。

  1. 性欲の低下

運動不足によって体内の代謝が低下すると、性欲が低下することがあります。また、運動不足によって筋力が低下すると、性的パフォーマンスにも影響が出る可能性があります。

  1. 勃起障害

運動不足は、勃起障害のリスクを高めることがあります。運動不足によって血液循環が低下し、血流不足によって陰茎の勃起が十分に起こらなくなることがあります。また、運動不足によって生活習慣病のリスクが高まるため、それに伴う血管の硬化や動脈硬化なども勃起障害の原因となることがあります。

  1. 精子の質の低下

運動不足は、男性の精子の質の低下につながることがあります。運動不足によって体内の代謝が低下すると、精子の数や運動性などが低下する可能性があります。また、運動不足によってストレスが蓄積されると、精子の質にも影響が出ることがあります。

以上のように、長期間の不活動は、性機能に悪影響を及ぼす可能性があります。運動不足に陥らないためには、適度な運動や定期的な運動習慣を維持することが重要です。また、生活習慣全般において健康を意識することが、性機能の維持につながるとされています。