天鏡のアルデラミン 11巻 ネタバレ

公開日: 14.09.2021

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン6巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】67点. タグ : ネタバレ 原作ライトノベル 感想 おすすめライトノベル ねじ巻き精霊戦記-天鏡のアルデラミン コメント:0.

Posted by ブクログ 年02月19日. ライバル同士の争いが繰り広げられるわけだが、この作品の戦記物としての主眼は必ずしもそこだけにあるわけではない。 むしろ、技術の発達が引き起こす戦場・戦争の変化を描いていく。 物語が始まった当初にもたらされたのは、ライフル銃の登場であった。 さらに、爆砲と呼ばれる新型砲の登場が、昔ながらの城を無効化した結果、最終巻では、 第一次世界大戦 さながらの 塹壕 戦の風景が広がることとなった。 いくらなんでも、ほんの数年で、ライフルの登場から 塹壕 戦までというのは早すぎでは、と思うだろうが、それが何故可能になったのか、というのはこの世界の成り立ちと関わっている。. 三国志 地図 勢力図 精霊通信と爆砲によって、大きく変化した戦場だが、この作品は、近現代の戦争と近世までの戦争との(物語的な意味で)いいとこどりした戦場を描く 近現代の戦争というのは、大規模化してしまい、一人の英雄によって大きな状況を動かしたりすることが難しい戦争である 一方、物語としては、集団の動きを描くよりも個人の活躍を描く方が、面白い この作品は、精霊たちによる技術解放によって、一気に新技術が出てきてしまったという事情があって、こうした技術に対応した戦術・戦略を編み出せるのが、一部の天才、つまり主人公であるイクタとジャンしかいなかった、という事情と 精霊通信によって、一人の指揮官が非常に細かいところまでを末端にまで指示できることが可能になった、という設定によって、 近現代的な大規模化した戦争を進行させつつ、その大きな状況を個人がコン トロール することが可能な状況を作り出して、技術による戦場の変化というマクロな歴史的な状況と、個人の活躍というミクロ的な物語の両方を描くことを成立させている。.

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン6巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】67点. 黒崎一勇サイコパス 続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。. かてごり ラノベ感想 ラノベ雑文 まんが アニメ ゲーム その他. かつてのバダはイクタと同様、昼行灯のようなひょうひょうとした性格で、体力もなく、だれもがバカにするような存在でした。しかし、戦局が厳しくなるにつれて昼行灯も戦場に駆り出されます。次々と仲間が殺され上官や同僚の如何たちもしに行く中、絶体絶命のピンチに陥ります。そこでバダは誰もが思いつかないような策を出して、それをソルヴェナレス・イグセム(現在元帥ですね)とテルシンハ・レミオン(現在大将)の2人とともに実行し、全滅の運命にあった友軍数千を見事救います。それからは、ソルとテルと呼び合う仲の3人になります。そして優秀な頼れる部下二人、ハザーフ・リカンとクバルハ・シバにも恵まれます。二人はのちに「日輪の双璧」と呼ばれます。そして、バダは異例の出世で「独立 全域 鎮台「旭日連隊(グラ・メストエリ)」の司令官となります。そして、イクタは、帝国陸軍大将バダ・サンクレイの息子イクタ・サンクレイとして再び、「旭日連隊(グラ・メストエリ)」としてはせ参じろと告げます!このシーン、かなりジーンときました。うるうるのシーンで鳥肌モノでした。.

173 272! 471. Re: 8 6.

前の記事:Re:ゼロから始める異世界生活 リゼロ 8巻 のネタバレ感想とあらすじ ホーム 次の記事:クオリディアコード6話のネタバレ感想とあらすじ. ホーム » おすすめライトノベル » ねじ巻き精霊戦記-天鏡のアルデラミン » ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン5巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】80点. アマゾンで購入 楽天で購入 ヤフーで購入.
  • ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン6巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】67点. 何というのか、ちょっと複雑な気分。 ああ、こうなってしまうのかあ。 でも、そうだよなあ。 アルデラミンだもんなあ。 と言うのが正直な感想。 シリーズ最終巻。 前半は帝国とキオカとの最終決戦。 攻めるキオカに守る帝国という構図で、イクタの用意周到な準備があれど、いわゆる見せ場はあまりなく、思っていた
  • 精霊通信と爆砲によって、大きく変化した戦場だが、この作品は、近現代の戦争と近世までの戦争との(物語的な意味で)いいとこどりした戦場を描く 近現代の戦争というのは、大規模化してしまい、一人の英雄によって大きな状況を動かしたりすることが難しい戦争である 一方、物語としては、集団の動きを描くよりも個人の活躍を描く方が、面白い この作品は、精霊たちによる技術解放によって、一気に新技術が出てきてしまったという事情があって、こうした技術に対応した戦術・戦略を編み出せるのが、一部の天才、つまり主人公であるイクタとジャンしかいなかった、という事情と 精霊通信によって、一人の指揮官が非常に細かいところまでを末端にまで指示できることが可能になった、という設定によって、 近現代的な大規模化した戦争を進行させつつ、その大きな状況を個人がコン トロール することが可能な状況を作り出して、技術による戦場の変化というマクロな歴史的な状況と、個人の活躍というミクロ的な物語の両方を描くことを成立させている。.

シリーズ作品レビュー

URL 空白でもOKです. Copyright C おすすめ「アニメ・ライトノベル」ランキング All Rights Reserved. Posted by ブクログ グリー アバター 整形. アマゾンで購入 楽天で購入. 前の記事:Re:ゼロから始める異世界生活 リゼロ 8巻 のネタバレ感想とあらすじ ホーム 次の記事:クオリディアコード6話のネタバレ感想とあらすじ. 引用をストックしました ストック一覧を見る イェリコ・コロン. ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン5巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】80点.

  • 北域鎮台総司令のタムツークツム・サフィーダ中将によるあいさつが行われていますが、こいつがまた使えない感ありありのやつです。東域鎮台がキオカに負けたことについては、自分がいれば戦局は覆ったとばかりに力説するアホです。まぁ本心なのかは不明ですが、場を白けさせるのはうまそうなやつです。彼の補佐役として、ユスクシラム・トァック少佐という病人っぽく顔色の悪いやつもいます。見た目は心労が絶えない感じのやつですが、中将が使えない分、現場の兵士たちからの信頼も厚く、実質北域鎮台をしきっているのは彼のようです。 宴の席上、イクタ達の上司にもなるセンパ・サザルーフ中尉や豪快な大男のデインクーン・ハルグンスカ准尉などもいます。. それにしても、やたら腐ってる腐ってる言われていたカトヴァーナ帝国だけど、内政を見る限り、ぜんぜん建て直し可能にみえるんですが。ふつーに勧善懲悪が成り立つ、悪事が露見すれば裁かれる機能がきちんと維持されてるのんな。てか、実力組織である軍部が、むちゃくちゃ健全ですし。いや、これって、シャミーユが皇帝になるか、悪くても軍がクーデターを起こせばいいだけのように思うのだけど、シャミーユは何故そこまで思いつめてるんだ? 実は、キオカにマインドコントロールされているだけで、イクタがそれを救っていく展開だったら凄いけど。.
  • というのが、一読した感想。 いや、充分に予想しうるラストではあったけど、いくら何でも……と思っていたルートだった。とは言え、ヤトリのことを考えたら、この作者ならありえないわけでもないのだろうと、ちょっと時間が経ったら落ち着いてきた。ってか、落ち着くために頭の いやもう、まんま、 [漫画] 『海皇紀』ではないかっ!!

111 - logical cypher scape.

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン2巻

さすがのイクタだけあって、トルウェイやマシューが苦戦した対キオカ戦もあっさり解決。あれだけ強敵だったパトレンシーナや不眠のジャンも簡単に手玉にとるような展開は、ほんと、読んでて楽しいな。って、二年ぶりの復活で、いろいろ障害があってもよさそうなのに、一気に話を進めすぎじゃないか? ……あまりに完璧すぎるイクタの復活で、もはや、イクタと姫様が苦戦する展開が想像つかないのだけど、なんか立ちはだかるような敵とかいるんだっけか?<をい. 前の記事:クオリディアコード いつか世界を救うために1巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】73点 ホーム 次の記事:クオリディアコード いつか世界を救うために2巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】72点.

何というのか、ちょっと複雑な気分。 ああ、こうなってしまうのかあ。 でも、そうだよなあ。 アルデラミンだもんなあ。 と言うのが正直な感想。 シリーズ最終巻。 前半は帝国とキオカとの最終決戦。 攻めるキオカに守る帝国という構図で、イクタの用意周到な準備があれど、いわゆる見せ場はあまりなく、思っていた ライバル同士の争いが繰り広げられるわけだが、この作品の戦記物としての主眼は必ずしもそこだけにあるわけではない。 むしろ、技術の発達が引き起こす戦場・戦争の変化を描いていく。 物語が始まった当初にもたらされたのは、ライフル銃の登場であった。 さらに、爆砲と呼ばれる新型砲の登場が、昔ながらの城を無効化した結果、最終巻では、 第一次世界大戦 さながらの 塹壕 戦の風景が広がることとなった。 いくらなんでも、ほんの数年で、ライフルの登場から 塹壕 戦までというのは早すぎでは、と思うだろうが、それが何故可能になったのか、というのはこの世界の成り立ちと関わっている。.

Posted by 0219! 3 1.

ラノベ|ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンの最終巻をお得に読む方法

シャミーユが、敗戦によって国を立て直すという倒錯的な信念を抱くようになったのには、作中で理由というか事情があるのだが、それはそれとして、敗戦後に国が栄えた例として、やはりどうしても思い浮かぶのは日本で、あんまりファンタ ジー を戯画や寓話として読むのもよくないけど、日本の寓意があったりするのかなあと思ったりもする。モチーフの発想元というか。 宇野朴人『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』1〜11 - logical cypher scape. ライトノベル発売日・アニメ開始日 アマゾンリンク. 物語前半 精霊通信と爆砲によって、大きく変化した戦場だが、この作品は、近現代の戦争と近世までの戦争との(物語的な意味で)いいとこどりした戦場を描く 近現代の戦争というのは、大規模化してしまい、一人の英雄によって大きな状況を動かしたりすることが難しい戦争である 一方、物語としては、集団の動きを描くよりも個人の活躍を描く方が、面白い この作品は、精霊たちによる技術解放によって、一気に新技術が出てきてしまったという事情があって、こうした技術に対応した戦術・戦略を編み出せるのが、一部の天才、つまり主人公であるイクタとジャンしかいなかった、という事情と 精霊通信によって、一人の指揮官が非常に細かいところまでを末端にまで指示できることが可能になった、という設定によって、 近現代的な大規模化した戦争を進行させつつ、その大きな状況を個人がコン トロール することが可能な状況を作り出して、技術による戦場の変化というマクロな歴史的な状況と、個人の活躍というミクロ的な物語の両方を描くことを成立させている。.

ホーム » おすすめライトノベル » ねじ巻き精霊戦記-天鏡のアルデラミン » ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン5巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】80点.

- 0. T-T. …… SF. Posted by 0909. 111 - logical cypher scape.

読書メーターについて

Posted by ブクログ 年02月19日. メールアドレス 公開されません. 電子書籍ストア ブックライブ ラノベ 男性向けライトノベル 電撃文庫 KADOKAWA 電撃文庫 天鏡のアルデラミン ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXIV ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXIVのレビュー. 舞台となるカトヴァーナ帝国は、いまだ繁栄を維持しつつも、貴族による腐敗政治と隣国キオカ共和国の伸長により、衰退を辿っている。 主人公のイクタ・ソロークは、言うなれば、女たらし属性のついた ヤン・ウェンリー であり、その天才的な戦略眼により、本人が望むと望まないとに関わらず、若くして軍功を上げ出世していく。 この作品の面白さの1つは、もちろんこの主人公イクタの活躍と、それとは裏腹の飄々とした性格にある。 「全ての英雄は過労で死ぬ」をモットーとするイクタは、いかに怠けるか・楽をできるか、を指針として行動するわけだが、それが後々には、帝国の軍制改革へとつながっていく。 彼のライバルは、共和国のジャン・アルキネスクである。不眠体質の彼は、イクタとは真逆、あらゆることを1人でやり遂げようとするタイプの指揮官であり、そしてそれを実際に成し遂げることができるキレ者である。.

同様の出版物:

ディスカッション:コメント 0

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。